手作りと市販品の酵素ドリンクの違いについて調査してみた!

 

無添加の酵素ドリンクを飲みたいと思われましたら、2通りの方法があります。

 

1つは優光泉のような市販されている酵素ドリンクを購入する方法と、
もう1つは、新鮮な野菜や果物を使って、自分で手作りで酵素ドリンクを作ってしまう方法です。

 

手作りなんて簡単に出来るの?と思われるかもしれませんが、
酵素ドリンクを簡単に自宅で作るための専用のキットなども販売されていますので、
意外と簡単に酵素ドリンクを作ることは可能になっています。

 

 

↑これ、私も持っています。

 

 

では、そんな市販品と手作りの酵素ドリンクはどのような違いがあるのでしょうか?
このページではそんな疑問にお答えしていきたいと思います。

 

 

1.市販品は殺菌処理が義務付けられている

 

まず、大きな違いとしてあげられるのが市販品の酵素ドリンクには
食品衛生法によって殺菌処理が義務付けられています。

 

そのため、熱に弱い酵素が失活してしまう可能性があるのですが、
手作りの場合には、じっくりと発酵するのを待つのみですので、
そういった心配はありません。

 

ただ、色々と酵素ドリンクについて調べてみて分かりましたが、
熱処理に酵素が弱いことは、誰よりも販売元は知っていますので
このあたりについては、ほとんど心配する必要は無いとは思います。

 

 

2.発酵・熟成期間が全く違う

 

手作り酵素の場合、発酵熟成期間は一週間から10日程度になります。
もちろんそれでも酵素ドリンクとしては、しっかりとした仕上がりにはなりますが、
市販品の発酵・熟成期間としては、
ほとんどの商品が数ヶ月から数年の月日をかけて発酵熟成を行っています

 

熟成期間が長ければ長いほど良いというわけではありませんが、
酵母菌が最適な状態で商品をお届けすることを目的としているので、
常にベストな状態で職人が届けてくれるというのは、市販品ならではではないか?と思います。
※市販品は良くも悪くも、自分の判断になります。

 

また、長期間発酵された市販品に関しては、
低分化されている事からも、消化に負担がかかりにくいと言うメリットがあるようなので、
いずれにしても、市販品のほうが高い効果を感じられる可能性が高くなりますね。

 

 

3.代謝+美容+健康などの効果

 

最後に、市販品のメリットを紹介しておくと、
ダイエットには必要不可欠となる代謝を促してくれる成分であったり、
肌に潤いを与えてくれる美容成分、健康に対して効果を期待できる成分などが
市販品にはプラスされている可能性が高いので、
より自分の求める効果を市販品の酵素ドリンクなら得られると思います。

 

手作り酵素ドリンクに関しては、原材料によって求める効果を考えていくことが可能ですが、
フルーツダイヤのようにプラセンタの成分を取り入れよう・・・と思うと
ちょっと難しいとは思います。

 

 

 

まとめ

 

酵素ドリンクを始めるのなら、私的には市販品からスタートされるのをオススメします。

 

味も栄養も調った状態の酵素ドリンクをまずは市販品から体験されて、
「酵素ドリンクの事を気に入ったら」自分で作り始めてみるのが良いですね。

 

また、手作りに関しては
冬場については気温が低いので発酵がしづらいなど・・・
やってみたないとわからない部分もありますので、
最初は優光泉のような定番酵素ドリンクからスタートされることをオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

酵素ドリンクとは何?
酵素ドリンクの基本的な知識を紹介。酵素ドリンクとは、様々な野菜や果物を発酵熟成させたものであり、酵素とは人間はもちろんのこと、あらゆる生物が生命維持の為に欠かせない成分のことをあらわします。
酵素の効果とは?
酵素にはどのような効果があるのか?体に良いことはわかっているけど、酵素ドリンクを飲むことで具体的にカラダにどのような変化・効果があるのかを説明します。
効果的な飲み方
酵素ドリンクの力を最大限発揮するための効果的な飲み方について紹介します。食前や食後、就寝前など、いつ飲めば良いのか分からない方は是非ご覧ください。
酵素ドリンクの飲み方
酵素ドリンクを購入したのはいいけど、どのような飲み方があるのかわからないといった方の為に美味しい飲み方から、健康・美容効果を高める飲み方などを紹介します。
酵素ドリンクの飲む以外の使い道
酵素ドリンクの飲む以外の使い道を紹介。バスコーソのように入浴剤として、化粧水として、料理の調味料として使う等、酵素ドリンクも使い方の幅はいくらでもひろげられるのです。